スムーズな運営で満足

適切な店舗運営について

小売店やサービス業を営んでいる場合、顧客対応がとても重要となります。顧客対応のいかんによっては、経営状態が左右されるといっても過言ではありません。それでは、どのような顧客対応が必要となるのでしょうか。まず基本となる事は、顧客を待たせないと言うことです。小売業を営んでいる場合、その会計事務の速さが求められます。レジスターの操作等を戸惑ってお客様を待たせるようなことをしてはなりません。また、お客様がレジスターの前で並んでるようなことがあれば、すぐさま別のレジスターをあけるべきです。このように指導しているコンビニエンスストアがあります。最新のレジスターは数万円から数十万円で購入することができますので、レジスターの交換も視野に入れるようにしてくだ。

レジスターの変遷について

レジスターが初めて導入されたときはとても画期的な事でしたが、それ以降レジスタは様々な進化を遂げています。例えば、レジスターには顧客の年齢などを表示できる機能があります。それらを使うことによって、顧客にはどのような年齢層が多いのかなどを把握することができます。もちろん、レジスターを利用する店員主観にもよりますが、おおまかな年齢を知ることができるのです。このデータを使うことによって、仕入れの商品の種類を変えることも可能です。20代が多い日は若者向けの商品を導入し、高齢者の医療者が多いとわかれば高齢者向けの品揃えをすることができるのです。このように、レジスターを起点として商品の仕入れ管理をすることができる時代なのです。